アイオワのショートオーバルにジョセフ・ニューガーデンが舞う

【2023.7.22-23】
インディカー・シリーズ第11戦 ハイビー・ホームフロント250

インディカー・シリーズ第12戦 ハイビー・ワン・ステップ250
(アイオワ・スピードウェイ)

去年のアイオワのVTRだと言われても信じたかもしれない。単独走行に強いウィル・パワーが土日のダブルヘッダーのポール・ポジションを独占し、決勝ではクリーンエアを生かしてリードを確保しようと試みる出だしだったのである。ところがしばらくするとチームメイトのジョセフ・ニューガーデンが追随してきて、単純なスピードの差で、あるいは周回遅れを交わそうとするときにほんのわずか躊躇したその失速の隙を突いて、あっという間に隣に並んだかと思うと次の瞬間には完全に位置関係が入れ替わっているのだった。タイヤを使い古してもニューガーデンの速度は衰えを見せず、どんな手品を使っているのか、つねに内へ外へとラインを自在に変えながら、1周20秒しかないショートオーバルに次々と押し寄せる壁をすり抜けていく。優雅に舞い踊るかのような美しい動きは見惚れるほどで、パワーは時間を追うごとに引き剥がされるばかりだった。本当に、何も変化のない光景が繰り返されていた。この2年で違っていたのは、せいぜい先頭が入れ替わるまでにかかった時間の長さと、日曜日のレース2で234周目になってもニューガーデンの車が壊れずに走り続けたことだけだ。去年も本当ならニューガーデンが土日を連勝するはずだったし、今年は実際にそうなった。いや、去年だけの話ではない。2年間のカレンダー落ちを挟む前の2019年もほとんどおなじ構図で、49周目にパワーを交わしてリードを奪ったニューガーデンがそのまま圧勝した。だれもニューガーデンに追随できないアイオワで、パワーはまるで引き立て役のようである。損な役回りだが、なまじ同じ車に乗って、なまじ単独では速いだけに、タイヤの使い方と集団の処理の差が際立って見えてしまう。

続きを読む

正解のないレースを速さで飛び越えたクリスチャン・ルンガーの初優勝

【2023.7.16】
インディカー・シリーズ第10戦
ホンダ・インディ・トロント
(トロント市街地コース)

てっきり、横並びでまったく同一条件に揃ったうえで最後のリスタートが切られるのだとばかり思っていたのである。ちょうど最終スティントに入ろうとするころ、インディ・トロントはふたつの連続したフルコース・コーションによる整列のもとにあったのだった。

続きを読む

アレックス・パロウはインディカーに消化試合を見せるか

【2023.7.2】
インディカー・シリーズ第9戦

ホンダ・インディ200・アット・ミッドオハイオ
(ミッドオハイオ・スポーツカー・コース)

いまのアレックス・パロウの充実について、どのように表せば足りるのだろう。折り返しの7月を迎えたインディカー・シリーズはいま、たったひとつの才能だけに焦点を当て、称えるばかりの時期を迎えている。3連勝。あるいは直近5レースを4勝。好調の一言では片付けられない。この2ヵ月弱、インディカーはパロウのためにあった。不規則な路面で減速と加速を繰り返す市街地コースでも、リズミカルに中速コーナーが続く起伏に富んだ常設サーキットでも、そしてオーバルコースであっても、この若いスペイン人は図抜けた存在で、つねにレースを掌握し、速さと強さの両方を兼ね備えて先頭に立ち続けた。選手権の首位を独走しはじめたこの間、パロウの優勝に幸運が絡んだことは一度もなかった。むしろ画竜点睛を欠いたインディアナポリス500のピットレーンで起こった不運な接触がなければ、5月からすべてのレースを勝ち続けた可能性すらあった。すべて実力に基づいた結果だ。チップ・ガナッシ・レーシングで同じ車を走らせているはずのスコット・ディクソンとマーカス・エリクソンさえ手も足も出ない。このミッドオハイオも、眺めてみれば同じことだった。

続きを読む

後ろを見損ねたスコット・ディクソン

【2023.6.18】
インディカー・シリーズ第8戦
ソンシオGP・アット・ロード・アメリカ
(ロード・アメリカ)

中継されていないから詳細にその場面を見ていたわけではもちろんないが、ツイッターのタイムラインに流れてきたインディカー公式アカウントによると、ロード・アメリカにウィル・パワーの怒りが渦巻いていたようである。この土曜日、彼はふたつのインシデントに巻き込まれ、さらには自らもミスを犯して体を痛めつけられるさんざんな一日を過ごした。順に事のあらましを追うとこうだ。まず2回目の練習走行の最中に、かすかに湾曲しながらターン11と12を繋ぐストレートで外からロマン・グロージャンを抜きにかかったところ、幅寄せを受けてコースから押し出されそうになる。動画を見るかぎり、パワーのフロントが並ぼうとする瞬間に委細構わぬグロージャンが行き場を塞ぐ形で、たしかに危険な状況だった。受難は続いた。さらに数分後のことか、連なって走る2人――練習走行にしてはずいぶん近い距離と思えたが、怒り心頭に発したパワーが追いかけ回していたのだろうか――の前に、単独スピンから復帰したばかりのスコット・ディクソンが現れた。それ自体はもちろん練習ではよくある、なんということもない状況で、ペースの速い車の存在を知ったディクソンは、ターン13の入り口で減速してレーシングラインを外れ、道を譲った。だが後ろにもう1台いるのは想定外だったようだ。グロージャンをやりすごしたチップ・ガナッシ・レーシングの車は前触れもなく大きく針路を変更して元のラインへと戻り、全開で進んできたパワーと激しく激突したのである。

続きを読む

インディ500の夢が去り、シリーズの現実が帰ってくる

【2023.6.4】
インディカー・シリーズ第7戦 シボレー・デトロイトGP
(デトロイト市街地コース)

夢のようなインディアナポリス500が終わって、すっかり気が抜けてしまった。この1週間、ジョセフ・ニューガーデンの500マイルと、チェッカー・フラッグを仰いだ最後の1周と、そこに至るまでの歳月を思い返して、何度胸を詰まらせたかわからない。わたしにとっては本当にすばらしい、奇跡的な結末で、次の週末にもうデトロイトが迫っていることなど忘れてしまうようだった。勝者当人にとってはもっと切実な物理的問題が押し寄せたはずだ。栄冠の翌日から各種イベントにひっぱりだこで、家に帰れたのは3日後だったというから、レースに向けてまともな準備などできたものではなかっただろう。デトロイトでのニューガーデンは予選こそ5位に入ったもののスタート直後のターン1で運悪く行き場を失って後退してしまい、その後もペースを上げられず10位に終わった。

続きを読む

凡庸な500マイル、不公平な2.5マイル、はるかな数万マイル

【2023.5.28】
インディカー・シリーズ第6戦
第107回インディアナポリス500マイル
(インディアナポリス・モーター・スピードウェイ)

ジョセフ・ニューガーデンについてはじめて書いたのは2014年8月のことだ。インディカー・シリーズで走るようになって3年目、規模の小さなサラ・フィッシャー・ハートマン・レーシングに所属する23歳の若者で、表彰台の経験はあれど優勝には手が届いていないドライバーだった。当時といまのインディカーではずいぶん環境が異なっていて、20代前半でレギュラー参戦しているだけで珍しかったから、もちろん将来を嘱望される存在ではあった。実際デビュー直後のロングビーチでフロント・ロウを獲得したり、別の年のやはりロングビーチでは最終スティントを先頭でピットアウトしたり――どちらも、結局は事故でレースを終えることにはなってしまったが――など、目を見張る場面はいくつも現れていたものだ。2013年のサンパウロで、初優勝を上げたばかりの佐藤琢磨に厳しい防御を強いてペナルティの議論を呼んだ相手がニューガーデンだったのを覚えている人も多いだろう。そうやって才能の片鱗をしばしば見せながら、しかしまだ大勢のうちのひとりという立場であるのもたしかで、どんな経歴を歩んでゆくのか確信は持てていないころだった。予選終了後にサーキットの一般エリアへ飛び出し「ジョセフ・ニューガーデンっていう活きのいい新人がいるんだけど、知ってる?」と自ら観客に聞きまわるテレビ企画に参加したころでもある。だれにも気づいてもらえず、目の前に本人がいるのに「明日は応援してる」と適当きわまりない答えを返されたり、逆に相手のほうから「マルコ・アンドレッティを見なかった?」と訊かれて「さっきあっちのほうで見たよ」と返事をしたりしていた。種明かしで顔写真の入ったポップを見せられてもまだピンときていなかった人もいたほどだ。当時だから成立したが、いまとなっては収拾がつかないだろう。

続きを読む

クリスチャン・ルンガーの陰に隠れるインディカー

【2023.5.13】
インディカー・シリーズ第5戦
GMR GP
インディアナポリス・モーター・スピードウェイ・ロードコース

ここ2~3年、インディカーの勢力図が変化して、シリーズのなりゆきを読めなくなることが増えた。もとより未来の展望など簡単ではないし、観客の立場としてそうする意味もあまりないとはいえ、レースを観戦していると気づけば自分の想像とまるで違った隊列が形成されたりしていて、しばしばうろたえる。反動的な意味もあろう、ドライバーやチームに着目すると2010年代のインディカーにはあまり変化がなかったと以前に書いた。似た風景――それを代わり映えしないと厭うのではなく、好ましく思っていたのだ――の中に長くいたせいか、新しい世代の台頭をなかば意識が拒絶するかのように見逃してしまっている。このGMRGPにしても、予選からしてクリスチャン・ルンガーがポール・ポジションを獲得するなんて、どんなに想定を巡らせてもまさか出てくるはずがなかった。こんな益体もない文章を書き続けて11年、益体もないなりに他人よりは多少真剣にインディカーを見てきたつもりだが、要するに老いたということだろう。思考はすっかり硬直し、これで「昔はよかった」などと言いはじめればめでたく老害の仲間入りである。

続きを読む

ロマン・グロージャンの初優勝を見つけるとき

【2023.4.30】
インディカー・シリーズ第4戦

チルドレンズ・オブ・アラバマ・インディGP
バーバー・モータースポーツ・パーク

ロマン・グロージャンがロングビーチで何を思ったか、真意は定かでない。アンドレッティ・オートスポートで走る37歳の元F1ドライバーは、同僚になってからほんの3戦目、インディカーのキャリアは1年足らずでしかないカイル・カークウッドの初優勝を目の前で見届ける結果となった。チェッカー・フラッグが振られたときのタイム差は1秒に満たず、最後の周まで追い上げ続けたグロージャンの戦いはレースに緊張感をもたらしたようだったが、一方で逃げ切ったカークウッドは状況を支配していた感があって、見場とは裏腹に、仮にレースがあと10周長かったとしても結果は変わらないと思える展開だった。現にラップリードを1周も取れなかった事実があるのだから、グロージャンにしてみれば元より勝ち目はなかったかもしれない。

続きを読む

カイル・カークウッドの正体

【2023.4.16】
インディカー・シリーズ第3戦

アキュラGP・オブ・ロングビーチ
ロングビーチ市街地コース

たしかミッドオハイオだっただろうか、昨年の夏、カイル・カークウッドがコースを飛び出し、グラベルか芝生かの上であえなく止まったレースがあったのである。ちょうどピットストップの狭間の時間帯にフルコース・コーションを引き起こし、展開を乱しかけたせいもあって印象に残るDNFだった。テレビ画面が、動けなくなったA.J.フォイト・エンタープライゼズの黒い14号車から、ドライバーが脱出しようとしている様子を映し出している。レースを諦めた新人に対してそのとき抱いた感想は「またやってしまったか」といった後ろ向きなものだった。それは皮相な批判的物言いではなく、奥底に秘められているであろう才能がなかなか表出してこないもどかしさの表出だったのだと思う。そのような感情が自分のなかにあることを自覚して、ならばとばかり、一度このミッドオハイオについてカークウッドをテーマに書きはじめてみたのだが、いざまとめようとすると気持ちとは裏腹に負の面が前に出る文章になってしまいそうで筆が乗らず、数百字で断念した。2021年のインディ・ライツ王者。アンドレッティ・オートスポートの育成に乗って順調なキャリアを歩み、2022年はフォイトにレンタルされるような形でインディカー・シリーズにデビューを果たしていた。足跡が示すとおり速さの片鱗はほのかに見えていたものの、まだ肯定すべき具体的な場面は持っていなかったころの話だ。

続きを読む

We’ve come back to Texas

【2023.4.2】
インディカー・シリーズ第2戦
PPG375
(テキサス・モーター・スピードウェイ)

昨年のテキサスで、力強くレースをリードし続けたスコット・マクロクリンと、そのチームメイトをフィニッシュまで数秒の瀬戸際で抜き去り優勝したジョセフ・ニューガーデンが抱擁を交わして互いの健闘を称える美しい光景を見ながら、もうこのレースに触れる機会はないのだろうと、寂しさを禁じえなかったのを覚えている。インディカーとテキサス・モーター・スピードウェイの開催契約は2022年で終わり、更新される見込みは薄そうだとそのころ報じられていたのだ。モータースポーツの世界を眺めていると、契約にまつわるこの手の憶測は楽観的なものほど裏切られ、「次はない」という悲観的な予想はたいていの場合現実になるとわかっていたりする。ニューガーデンは優勝インタビューで、仲のよい年下の僚友(本当に仲がよいことにニューガーデンのYouTubeチャンネルでは彼らふたりのシリーズがあり、ブランドまで展開している)がチェッカー・フラッグ直前に周回遅れの隊列に捕まった隙を突く形で優勝を攫った申し訳なさを口にした後、こう述べた。最後の周、最後のコーナー……これがテキサスでのすべてなんだ、ここに戻ってきたい、戻ってこよう。その言葉は力強く、愛に溢れ、しかしまたこの独特なハイバンク・オーバルがすでに麗しい望郷の対象になってしまった後であると感じさせる色を帯びてもいた。だってそうだろう、予定があれば願う必要などない。戻るのを望むのは、つまり戻れないからだ。

続きを読む