アイオワのダブルヘッダーに3人のペンスキーを見る

【2024.7.13-14】
インディカー・シリーズ第10-11戦
ハイビー・ホームフロント250/ハイビー・ワン・ステップ250
(アイオワ・スピードウェイ)

土曜日のナイトレースからたった半日後には昼のショートオーバルを走る。せわしなく進んだアイオワのダブルヘッダーで、チーム・ペンスキーの3人はそれぞれ明暗がわかれたようだった。たとえばジョセフ・ニューガーデンである。5月に唯一無二のインディアナポリス500マイルで2連覇を達成した彼は、しかし歓喜と引き換えに浮上が困難なほどの不調に陥ってしまったように見える。開幕戦のセント・ピーターズバーグを快勝したにもかかわらず、チームによるプッシュ・トゥ・パスの不正使用スキャンダルで優勝を剥奪されて以降、インディ500を除けば歯車が狂ったままだ。と、そこまで言うのは酷かもしれない。ロード・アメリカでは2位に入り、このアイオワでもレース1で3位表彰台を獲得した。一定の結果は出ているのだから。失望する日はいくつかあったとはいえ、失敗はレースの常、ましてインディカーならなおさらだと、そう慰めてもいいだろう。だが結果とは別に、PTPスキャンダル以降にニューガーデンを襲った失望が深すぎたのもまたたしかだ。初優勝の地であるアラバマではまったくペースを欠き、荒れたデトロイトでは数多く発生した事故のうちのひとつを自ら引き起こしている。あるいはラグナ・セカでも、最後のタイヤ交換を遅らせる作戦とフルコース・コーションがきれいに噛み合って2位に上がったにもかかわらず、再開後は上位で戦うスピードがなくあっという間に後退し、フィニッシュ間際には何もないところで不可解なスピンを喫して最後方に沈んだ。しかして、このアイオワである。他のドライバーならいざ知らず、ニューガーデンが、あのジョセフ・ニューガーデンがショートオーバルの連戦の片方で3位に入ったからといって何を喜べばいいのだろう? 昨年、先頭での圧倒的な速さと混戦の巧みさを両立させて完全制覇し、一昨年もレース2でサスペンションが折れなければ間違いなくふたつとも勝っていたであろうアイオワで。

続きを読む

いつかのウィル・パワー

【2024.6.9】
インディカー・シリーズ第7戦 XPEL GP アット・ロード・アメリカ
(ロード・アメリカ)

一昨年のウィル・パワーは、じつに「安定」した戦いぶりで年間王者を獲得した。全17戦のうち優勝はわずか1レースだけ、2位も2回にとどまったものの、6度の3位表彰台と3度の4位によってうまく得点を稼いでするすると頂上へ登ったのである。本当に「するする」とした戴冠だった。インディアナポリス500マイルの優勝で躍進した――この年まで、インディ500の得点は他のレースの2倍に設定されていた――マーカス・エリクソンがシーズンの深まりとともに失速し、代わって印象的な速さを持って追い上げてきたチームメイトのジョセフ・ニューガーデンやスコット・マクロクリン、あるいはスコット・ディクソンといった面々は、なぜかそれぞれ大小の問題に見舞われた。彼らが優勝と失速を交互に繰り返すような戦いをしているうちに、2位と3位ばかりを積み重ねたパワーは気づけばポイントリーダーになり、そしてその座をぼんやりと守り続けた。象徴的なのはアイオワのダブルヘッダーだろう。あの週末のレース1でマクロクリンのホイールが緩むトラブルが起こらなければ、さらにはレース1に優勝しレース2でも独走状態にあったニューガーデンのサスペンションが突然折れたりしなければ、選手権の行方はまったく違ったはずだ。このふたつのレースでパワーは3位と2位を記録している。

続きを読む

最高の500マイル、堂々たる2.5マイル、美しい恩返し

【2024.5.26】
インディカー・シリーズ第5戦 第108回インディアナポリス500マイル
(インディアナポリス・モーター・スピードウェイ)

昨年のインディアナポリス500マイルは不思議な引力をもったレースだった(「凡庸な500マイル、不公平な2.5マイル、はるかな数万マイル」当ブログ2023年6月5日付)。後ろ向きな捉え方をすれば、どこか煮えきらないレースと言ってもいい。ジョセフ・ニューガーデンがインディカーに歩いてきた道程を思うと、その初優勝はまったく正当な感慨深い大団円だったが、一方でレース単体を概観するかぎり、彼が結果に値するスピードを持っていたわけではなかった。全200周のうち、グリーンラップを先頭で完了したのはわずか2周。ひとつは燃費の兼ね合いで全体の速度がいったん落ち着いた157周目で、このリードは次のターン1までしか保たなかった。もうひとつが最後の200周目。決着の周回であり、つまりスタート/フィニッシュラインまで凌げばよかった周回でもある。それ以外はずっと誰かの背中を見つめていた。17位に終わった予選を受けて集団で走る状況を意識したセッティングにしたのか、5位あたりにまで上がってくるのは比較的容易なように見えたが、その先に突き抜けるのは困難だった。周囲の車に掻き乱される気流の中で安定を得ることと、230mphの空気の壁に自分自身の力で対抗することはわけが違う。前者は勝利を狙える位置から脱落しないために必要であり、しかし本当に勝利するためには相反する要素である後者を備えなければならない。ラップリードをまったく記録できなかったあの日のニューガーデンには後者が明らかに欠けていた。

続きを読む

スキャンダルのあとさき

【2024.4.28】
インディカー・シリーズ第3戦

チルドレンズ・オブ・アラバマ・インディGP
(バーバー・モータースポーツ・パーク)

今季開幕戦のセント・ピーターズバーグを振り返って、わたしは「再スタート直後の攻防がすべてだった」と書いた。31周目のそれが優勝争いを決定づける一幕だったからだ。その日、ポールシッターとして支配的にレースを進めていたジョセフ・ニューガーデンは、フルコース・コーション中に行われたピットストップの不手際で3位に順位を落とし、一転窮地に陥る。だが、再スタートを迎えるとすぐ眼の前のコルトン・ハータに追いつくとターン4ですぐさま2位に上がり、ほどなく首位を取り返す印象深い戦いで優勝を飾ったのだった。逆転に至るその力強い過程にはニューガーデンの、とりわけ20代のころのエネルギーに満ちた彼を思い起こさせる運動が横溢しており、結果は残しつつもどこか煮えきらなさが残ったここ数年の停滞を打破する充実を感じさせた。まさかその陰に前代未聞の不正が蠢いていたなど、考えもしなかったのである。

続きを読む

ロマン・グロージャンの初優勝を見つけるとき

【2023.4.30】
インディカー・シリーズ第4戦

チルドレンズ・オブ・アラバマ・インディGP
バーバー・モータースポーツ・パーク

ロマン・グロージャンがロングビーチで何を思ったか、真意は定かでない。アンドレッティ・オートスポートで走る37歳の元F1ドライバーは、同僚になってからほんの3戦目、インディカーのキャリアは1年足らずでしかないカイル・カークウッドの初優勝を目の前で見届ける結果となった。チェッカー・フラッグが振られたときのタイム差は1秒に満たず、最後の周まで追い上げ続けたグロージャンの戦いはレースに緊張感をもたらしたようだったが、一方で逃げ切ったカークウッドは状況を支配していた感があって、見場とは裏腹に、仮にレースがあと10周長かったとしても結果は変わらないと思える展開だった。現にラップリードを1周も取れなかった事実があるのだから、グロージャンにしてみれば元より勝ち目はなかったかもしれない。

続きを読む

いつもと違うセント・ピートと、あるカメラマンのつぶやき

【2023.3.5】
インディカー・シリーズ第1戦

ファイアストンGPオブ・セント・ピーターズバーグ
(セント・ピーターズバーグ市街地コース)

予感がなかったわけではない。インディカーの公式ツイッターアカウントから断片的に得られる情報によると、セント・ピーターズバーグの練習走行は思いのほか荒れているようだったからだ。シリーズ屈指の名手であるジョセフ・ニューガーデンがターン10でいきなり右後輪をコンクリートの壁に当て、元F1ドライバーのロマン・グロージャンはターン13のグラベルに捕まって赤旗を呼び出した。あるいはターン3で、2年目のデブリン・デフランチェスコとデビュー戦を迎えたスティング・レイ・ロブがともに奇妙な挙動の乱しかたをして立て続けに壁の餌食となる。路面の再舗装に伴って、このコーナーにこれまで存在しなかったバンプが突如出現したことはレース直前まで知らなかった。極めつきはスコット・ディクソンだ。6度ものチャンピオン経験があるこの大ベテランもまた、ターン9の入口から制御を失って後ろ向きにタイヤバリアへ衝突し、一足早くセッションを終えた。単独事故でリアウイングを根本から折るディクソンなど、めったに見られるものではない。ツイッターのタイムライン上に、息絶えた車の後ろに回って破損状況を確認するディクソンが小さい動画の中で佇んでいるが、当然ヘルメットの内に隠れた表情までは窺いしれない。一方で続いて捉えられたチームオーナーのチップ・ガナッシが目を瞑ってヘッドセットを外す様子は、チームの感情を代弁しているようにも思える。しょせん練習での事故に過ぎず巻き返しの余地は十分にある、失望するほどではないが、ただ信じがたい、と。

続きを読む

デイヴィッド・マルーカスの運動が選手権を希薄にしてゆく

【2022.8.20】
インディカー・シリーズ第15戦

ボンマリート・オートモーティヴ・グループ500
(ワールド・ワイド・テクノロジー・レースウェイ)

2022年のインディカーも閉幕が近づいてきて、あまり興味の湧かない選手権争いにいまさら目を向けてみたところ、首をかしげてしまう。417点のアレックス・パロウが5位にいて、その上に428点のジョセフ・ニューガーデン。マーカス・エリクソンが438点、スコット・ディクソンの444点と上がっていき、もっともチャンピオンに近い場所に居座っているのが、450点のウィル・パワー? もちろんこれは意図してとぼけた修辞的な書き方であって、本当にいまはじめてこの得点状況を知ったわけではないが、理解したうえで順位表を見直したところでやはり釈然とするわけではない。なんなのだろう。ひとつひとつのレースをその1回かぎりの印象で消化していると、どういう経緯でこのような並びになっているのかわからなくなってしまう。いったいどういう手品を使って、パワーはこの入り組んだ選手権にあって少しだけ頭を出しているのだろうか。記録上は1勝、それも16番手スタートからずいぶんと「うまくやった」デトロイトでのことだ。2位も1度しかない。

続きを読む

偶然を捉えた先に必然の勝利はある

【2022.8.7】
インディカー・シリーズ第14戦 ビッグ・マシン・ミュージック・シティGP
(ナッシュヴィル市街地コース)

4週連続開催の掉尾を飾るミュージック・シティGPは、いったい何を書いたらよいのかわからないほど、いろいろな出来事が起こりすぎたレースだった。そもそもスタート前に到来した激しい雷雨で1時間以上も進行が遅れたときから波瀾は始まっていたのだ。日本時間の朝4時からテレビの前にいたというのに、チェッカー・フラッグがようやく振られたのは8時半を迎えるころで、すでに暑すぎる一日の気配が忍び寄ってきていた。それにしても、まさか危うくクライマックスを見逃すところになろうとは思ってもみなかった。病院の受診予約が9時だったのである。

続きを読む

ミッドオハイオに現れた現代のインディカー、あるいはレーサー鹿島の一言

【2022.7.3】
インディカー・シリーズ第9戦

ホンダ・インディ200・アット・ミッドオハイオ
(ミッドオハイオ・スポーツカー・コース)

それなりに長いあいだ、また多少なり注意深くインディカー・シリーズを見続けている人なら、ある時期を境にレースのありかたが大きく変化したと気づいているのではないだろうか。明確に認識していなくとも直観はしているという人も多いかもしれない。具体的には2018年、カイル・ノヴァクがブライアン・バーンハートに代わってレース・ディレクターに就いてからのことだ。法律家としての顔も持つ新任のディレクターが手を入れたのは、ロード/ストリートコースにおけるフルコース・コーションの運用についてだった。コース上で問題が発生した際にピットを閉じてレースの速度を落とし、すべての車輌をいったんペースカーの後ろに並べたうえで再スタートさせる一連の手順に対し、空白の時間を作るようにしたのである。レース・コントロールによって意図的に与えられたこの猶予は、ときにレースが導きうる結末までをがらりと変え、ひいては競技者の戦い方に明白な影響を及ぼすようになった。それは実際の運用方法としては小さな違いでしかなかったが、しかし現代のインディカーをノヴァク以前と以後に分けうるほど画期的な転回であったとさえいえるものだった。少なくともわたしはそう信じている。

続きを読む

運動の断片を集めてレースに還元しない

【2022.4.8】
インディカー・シリーズ第3戦

アキュラGP・オブ・ロングビーチ(ロングビーチ市街地コース)

すばらしいレースだった、などと口にすればいかにも陳腐で、まったく何も語らないに等しいだろう。しかし事実、そうだったと思わずにいられないときはある。昨季の最終戦からまた春へと戻ってきたロングビーチは、美しい運動を詩的な断片としてそこかしこにちりばめ、儚い、感傷的ですらある印象とともにチェッカー・フラッグのときを告げた。日本では未明から、すっかり朝を迎えようとする時間に、そんなレースを見ていたのだ。断片。断片だったと書いてみて気づく。断片だけがあった。去年、チャンピオン決定という強固で具体的な物語の舞台となった場所で、そんな散文的な文脈から切り離された純粋な運動の一節だけがひとつひとつ漂っていたようだった。

続きを読む